成長記録

犬の社会的教育の悩み、リハビリは8割方が飼い主の勉強になります。
実際に犬が問題を起こしているのではなく、実際飼い主が無意識にそういう方向へ誘発しているケースが多いです。
悩みや問題が出てから原因が私達人間にあると言う事を初めて気付くのは、決して悪い事ではなく、気付いてからどうすべきか?
どう変わるべきかが一番大切な事だと思います。
犬を犬として認め、共存していく大切さと家族が犬の親であり、教育者でもあり、心身供に支え、良い意味で守っていく日々の成長過程において、自然と責任感や学びが生まれていけばと思います。